1. ホーム
  2. 競技規則

1. 規則

  • ゴール制限時間(52時間)を設ける。
  • エイドステーション(AS)は順番通りにすべて通過すること。いくつかのAS、WSに関門時間を設定しており時間内に通過できなかった場合は失格とする。(関門時間とは、ASを出る時刻を指す)
  • 大会が配付するGPXファイルのルート通りに進む。(最低限のマーキングは行う)
  • ストックの使用を認める。
  • トイレはできるだけ公共のトイレを利用する。止むを得ないときは携帯トイレを使用すること。携帯トイレを使用した場合は、次のASで未使用品を配布する。
  • 一般公道を走る際は、交通法規を遵守すること。
  • 大会中に遭難、負傷事故等に遭遇した場合は、人命を最優先としレースを中断して救助等に協力すること。
  • スマートフォンの電源は常にON(機内モード不可)にしておくこと。
  • 市街地、住宅地、別荘地などでは、熊鈴は音が鳴らないよう配慮すること。また夜間の走行の際には静かにすること。
  • 田上枝公園駐車場(AS5:95km地点)では、必ずIBUKIに充電しながらASを出発すること。
  • 銀閣寺参道からバプテスト病院までの公道はマスクを必ず着用の上走行すること。
  • 比叡山ドライブウェイの橋を渡ってからにない堂(石段➡︎浄土院➡︎にない堂)エリアは、熊鈴を禁止とし歩行区間とする。

2. 禁止事項

  • コース上の一般利用者(登山者、ハイカーなど)に配慮せずその通行を妨げる
  • トレイルから故意に外れる
  • コース上及び全区域で動植物、菌類、岩石などを採取、及び建造物等を損傷させる
  • ゴミ等をトレイル上に捨てる(ごみ等はASで処理すること)
  • イヤホンを使用する
  • 裸足・サンダル等で走行する
  • 食料や装備等を事前にコース上にデポする
  • 競技中、車や公共交通機関で移動する
  • ドーピング等
  • 競技者以外の並走
  • サポート箇所に指定されたAS以外でのサポート
  • サポートやその他帯同者の違法駐車や悪質なマナー違反(選手にペナルティーが科せられます)

3. 失格およびペナルティー

上記の規則・禁止事項に反した場合、失格またはペナルティーを科す。
以下は、失格またはペナルティーを科す事例である。掲載なき事例はその都度大会本部で協議の上決定する。

<失格の事例>

  • CPを関門制限時間で通過できなかった場合
  • 安全を確保するために定められた必携装備を持っていなかった場合
  • 指定された場所AS以外でサポートを受けた場合
  • 大会スタッフの指示に従わなかった場合
  • 登山・ハイクのモラル・マナーに大きく反した場合
  • 自然環境を破壊する行為を行った場合。またその恐れがあるルートを故意に通行した場合。
  • 地域住民に多大な迷惑や損害を与えた場合
  • 悪質な行為と認められる場合
  • 競技中、車や公共交通機関で移動した場合
  • コースを大幅にショートカットした場合
  • ASを通過しなかった場合
  • コース上にごみ等を故意に廃棄した場合
  • その他大きな過失があった場合
  • 伴走を受けた場合や、歩行区間で走る、ポール禁止区間でポールを使用する、マスク着用場所で着用していない、エイド内のルールに従わない等の違反行為を、マーシャルやエイドリーダーなどから注意を受けても継続する、もしくは別の個所で再度同様の違反行為に対する注意を受けた場合。

<ペナルティーの事例>

  • 伴走を受けた場合、歩行区間を走る、ポール使用禁止区間でポールを使用する、マスク着用場所で着用していない、エイド内のルールに従わないなど。
  • スマートフォンの電源を切るもしくは機内モードにしていた場合
  • 所定の場所にナンバーカードを着けていなかった場合、もしくは、ナンバーカードを勝手に加工した場合
  • コースロストによる意図しない軽微のショートカット
  • 携帯トイレなどの命にかかわらない必携装備の不携帯

<大会本部により決定>

  • IBUKIを紛失、もしくは、充電切れした場合


4. 必携装備

選手は以下必携装備(推奨装備含む)を持って競技に参加すること。なお、必携装備チェックはスタート会
場やASにおいてランダムにおこなう
山岳の長距離トレイルランニング競技に適した服装・シューズ・バックパック及び以下必携装備を必ず全行
程で装備すること。(デポバッグに入れているものは不可)

ナンバーカード:1枚配付
※身体の前面(トップス等)の見えやすい箇所に装着のこと。

スマートフォン
※コースのGPXファイル及び、GPXファイルを表示するためのオフライン地図アプリを事前にダウンロードのこと。

GPS端末(IBUKI)・充電ケーブルTypeC:貸出

ライト:2セット(予備電池・バッテリー含む)

モバイルバッテリー(スマホ、ライト、IBUKI充電用)

レインウエア上下(透湿防水性能があり、シームテープで防水加工してあるもの)

保温用長袖ウェア及び足首まで覆う長ズボン(膝までを覆うタイツと膝までを覆うハイソックスの組み合わせは認める)

保温用帽子及び手袋(鎖場も多いため滑りにくいもの)

食料(1,000Kcal程度以上)・飲み物(1.5L 以上)

マイカップ

サバイバルブランケット(130cm 以上×200cm 以上)

ファーストエイドキット(消毒薬、テーピング等)

健康保険証(コピーは不可)外国人選手は保険の証明書

マスク(感染症拡大防止対策)

携帯トイレ

熊鈴

点滅ライト

ホイッスル

5. 推奨装備

  • 現金・交通ICカード
  • 日焼け止め・サングラス・ワセリン
  • 携帯型浄水器
  • 着替え
  • コースマップ(紙)+コンパス
  • ストック
  • タオル、ティッシュ
  • ナビゲーションができるGPSウォッチ
  • 防水手袋
  • その他個人が必要なもの

6. 選手のデポバッグ

デポバックを2つ用意できる。いずれも受付の際に配布するゼッケン番号と名前の書かれたステッカーを貼り付け、スタート前に大会本部へ預ける。

ゴール(比良レークハウス)行のデポバック(任意のバック)

以下AS3箇所用のデポバック

デポバックとして大会が配付する約60Lの防水素材のボストンバッグに全て荷物を詰めること。デポバックは、デポバッグ受け取り可能な以下の3つのASへ大会側が順次運搬する。
AS3 余野公園(45km地点)⇒AS5 田上枝公園(95km地点)⇒AS8 還来神社(147km地点)⇒ゴール
以下、想定されるデポバックの主な中身である。また、デポバックは大量に大型車やトラックに積み込まれるため、破損の心配のあるポール等は入れないこと。またジェルなど液体のものは押しつぶされて中身が漏れた時のために、ビニール袋に入れておくなどの準備をすること。腐りやすい食べ物などは入れないこと。デポバッグの中の物の破損について大会側では一切の責任は負わない。

  • 飲食料(飲み物、ジェル、固形食、インスタント食品、レトルト食品等)
  • 着替え、防寒着、レイン、シューズ
  • 救急用品、常備薬、タオル(大小)、ティッシュ、マスク
  • モバイルバッテリー、電池、ライト
  • リタイア時の衣類・寝袋等(公共交通機関や送迎車でゴール地点まで行く必要があるが、待ち時間が長時間になる場合もある)

7. コロナ感染症対策

以下の感染症対策を遵守してください。(2021年の対策であり、感染状況等を鑑みながら2022年の対策を決定する)

  • スタート会場ではマスク着用の事。またスタート後500mはマスクを着用してください。
  • 各エイドではマスクを着用し、特にエイドの食べ物が置いてあるテーブルのところでは、マスクを外さないようお願いします。エイドの飲食物を食べる場合は、食べ物が置いてあるテーブルから少し離れてお願いします。
  • サポートについては、エイドに入る際に、ビブの提示、手指消毒、検温、接種証明または陰性証明の提示をお願いします。(サポートが交代する可能性も踏まえて、毎回エイドごとにチェックします。)
  • 選手は事前に指定のフォームから接種証明もしくはレーススタートから72時間以内の陰性証明をご提出ください。もしくは受付時に証明できるものをご提示ください。
  • 選手の水などを入れる容器は、フラスク・ドリンクボトル・ハイドレーションパックなど、口のつくところと、飲み物を入れる部分が分離できるものをご使用ください。
  • ペットボトルなどの口をつけるところと飲み物を入れる部分が一体になったものは、衛生上、コロナ感染対策のため、使用できません。エイドでドリンクをスタッフに補充してもらう際は、口をつける部分は自身で外してから、飲み物を入れる部分のみをスタッフにお渡しください。また、フラスク本体などに直接口をつけて飲まないようご注意ください。スタッフから注意を受けた場合は指示に従ってください。
  • 銀閣寺参道から北白川公園のエイド、また北白川公園のエイドからバプテスト病院がある比叡山登山口まではマスクの着用をお願いします。
  • 人が密集しているエリアでは、マスクの着用をお願いします。
  • BBQの際は手指消毒とマスクの着用をお願いします。エイドと同じ方式で、スタッフに取り分けてもらってください。
  • 表彰式・閉会式でもマスクの着用をお願いします。

8. 保険

大会主催者は、選手の事故・傷病などに備えて傷害保険に加入する。傷害保険の加入にあたり、下記の内容を承諾のこと。

  • 参加者が自分自身・あるいは第三者に与えた損害・損失等について主催者は一切その責任を負わない。
  • レース中の事故について、傷害保険による保険給付限度額以上の補償には応じない。保険給付限度額以上の補償が必要な場合は各自で加入すること。
  • 大会として加入するのは傷害保険のみで、遭難時の捜索費用などは保険の対象外となる。必ず各自で山岳保険(遭難捜索費用保障を含む)に加入すること。
  • 傷害保険の補償範囲は以下の通りである。この補償内容が不十分である場合、各自の判断で保険に加入すること。
  • 死亡:500万円
  • 後遺障害:62.5万円~500万円(等級により)
  • 入院(日額):5,000円
  • 通院(日額):3,000円

9. 中止等の基準

以下の事由により大会の開催、継続が困難であると判断した場合は、大会主催者は大会の中止・中断・コースの変更等を行う。

  • コース上で特別警報が発令された場合
  • 重点対策エリアにおいて暴風警報が発令された場合
  • その他同等の警報等が発令された場合
  • コースの崩落、コース上の崖崩れ・落石等選手の安全を確保できないと判断される場合
  • 重点対策エリアにおいて、高度1000m付近で25m/s以上の風速が想定される場合(てんきとくらす:御在所岳・鎌ヶ岳・蓬莱山等を参照)
  • 重点対策エリアにおいて落雷が想定される場合
  • 道路の通行止め等により安全な大会運営が困難となった場合
  • その他、大会の開催・続行ができないと判断した場合